靴専門通販ショップ「靴のパラダイス」へようこそ!紳士靴(メンズ 革靴 ビジネスシューズ)〜婦人靴(レディース パンプス)まで品数豊富!
ヘッダー画像イメージマップ 靴のパラダイストップへ カートの中身を見る
HOME靴用語辞典TOP姉妹店メルマガ申込み通販表記お問合せFAQリンクについて会員様ログイン

サイト内検索


靴用語辞典トップ
【靴の名語録】コメントガーデン
赤い靴
スニーカー
靴とジンクス
男の靴
靴職人名語録
子供と靴
裸足、素足、生足
犯罪と靴
スポーツと靴
女性と靴
靴のことわざ

当オンライン靴用語辞典は、シューフィル社発行の「百靴事典」を特別に許可を得て転載しております。掲載の文章/イラストなどの著作権はすべてシューフィル社に帰属いたします。本書は、靴のことなら何でもわかる国内最大の靴辞典です。
ご購入はこちら

公式ソーシャル
■Facebook フォローする

■Twitter フォローする

■YouTube チャンネル登録


このページを共有する


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


SHOPメインカテゴリー
靴通販トップページ
メンズ(紳士靴)の通販
「PARA SHOE®」当店オリジナル紳士靴
ゴルフシューズの通販
レディース(婦人靴)の通販
靴の手入れ用品の通販
靴修理(ソール交換)受付

サブカテゴリー
紳士靴まるわかりガイド
靴の手入れ方法の説明
靴製法の種類 / 靴用語
店長紹介 / 靴の絵(デザイン)
リンク集 / 公式ブログ
Facebook / Twitter / YouTube / Google+ / mixi

姉妹店
・靴のパラダイス 楽天市場店
・靴のパラダイス ヤフー店
・靴のパラダイス ヤフオク!店

トップ > 靴用語集(靴辞典)トップ > 【ま】
【ま】靴用語辞典
※文章/イラスト:百靴事典シューフィル発行)
[ほ]【ま】[み]

マーチ・フット 【march foot】
長時間、長距離の行軍によって、兵士の足に表れる痛みやうずきなどの症状を指す。第一次大戦中に話題になった。
マーブルド・グレイン 【marbled grain】
革のぎん面に見られる、血管の跡。 モザイク模様、あるいは大理石模様のように見えるので、こう呼ばれる。 日本語では、血筋と言っている。
ちすじ
マイクロセルラー 【microcellular】
「セルラー(cellular)」とは、「細胞状の」あるいは「多孔性の」という意味で、空気を内包した微細な孔が細胞の網目のようにつらなった組織を持つ人工底材料のこと。 天然ゴムに添加物を加え合成するが、内包された空気がクッションの役割を果たし、弾性、衝撃吸収性が高く、かつ軽いのが特徴。 カジュアルやスポーツ・シューズのアウトソール、またミッドソールにも使用される。
マイナーズ・ブーツ 【miner's boots】
炭鉱労働者が着用するブーツ。 アンクル以上の丈の編み上げで、ソールは防滑性の高いラギッド・ソールになっている。
マウンテン・ブーツ 【mountain boots】
山登りに用しる頑丈なブーツ。 アッバーは撥水性を持たせるなどした厚い革で、ソールは鋲を打つなどして防滑性を持たせた革などが用いられる。
まえあき 【前あき】
オープン・トウのこと。
オープン・トウ
まきヒール 【巻き――】
ヒールの側面に革などを巻いたヒールのこと。 アッパーと同色・同素材を用いるのが一般的だが、異なったものを巻いて、デザイン効果を狙うこともある。
マクラック 【mukluk】
もともとはアラスカのエスキモーや北アメリカのネイティブ・インディアンが履いていた、毛皮のライニングがついたアザラシ革のブーツ。 後にディア・スキンなどで作られ、軍隊が極寒地で用いた。 低温の環境下にあっても、通気性が良く、屈曲性と柔軟性を保つという特徴がある。
まくりヒール 【――】
ヒールのブレスト部に、漉いた本底の後部が伸びて、被っているスタイルのヒールのこと。 ルイ・ヒールと同義とする解説もあるが、ルイ型に限らず、この手法を用いたヒールは見られる。 ルイのようにブレスト部が曲線を描いている方が、この手法が生きるのは確かだが、ヒールのシルエットではなく、取りつけ方の手法として解釈する方が妥当だ。
マシーン・メード 【machine made】
「機械製」の意。縫うか、接着かに関わらず、底付けを機械で行うことを意味している。
マシーンソーン・シューズ 【machine-sewn shoes】
機械縫いの靴のことだが、機械で縫うのは底。 本底とアッパーを機械で縫いつけた靴のことを指す。
マスター・モデル 【master model】
生産用に量産される靴型の元となるオリジナル・モデル、すなわち元型のこと。 現在では、木のブロックから削り出すことは非常に稀で、荒削りされた木やプラスチック製の型をべースに、パテを塗ってはヤスリで削るという作業を繰り返し製作される。熟練が要求される作業だ。
マタニティ・シューズ 【maternity shoes】
妊婦用の靴のこと。 ヒールが低く、ソールは滑りにくいように配慮されているのが一般的だが、妊娠中の体重増加や浮腫の発生など妊婦特有の身体の変化を考えると、もっと考えたマタニティ・シューズが望まれよう。
マッケイ靴法 マッケイしき 【Mackay process】
製靴法の一つ。特別な底縫い機を使い、上下2本の糸によるロック・ステッチで、本底を中底に直接縫しつける方法。屈曲性が良く、エレガントに仕上がるのが特徴で、紳士靴を中心に主に高級靴に用いられている。 この底縫い機を発明したのは、L・R・ブレークだが、特許権をマッケイに譲ったことによって、マッケイ式と呼ばれる。
ブレークしきそこぬいほう
まつだ・いちろう 【松田一郎】
靴の発明家。 1894〜1966年。千葉県成田市生まれ。 幼少の頃、一家離散の悲運に会い、また怪我がもとで片腕・片足の不自由の身となる。 そこで履物に興味を持ち、足袋屋に奉公し、独力で地下足袋をつくり出す。 以来、発明家の道を歩み、量産をテーマに、熱に弱い革と熱を必要とするゴムを結合させる方法を長年に渡って研究。 圧着式製靴法、特殊硫化機械を発明した。 また戦後の1957年には回転式自動底付機を完成。 これはインジェクション時代の先駆けだった。 生涯に取った特許は数知れず、牛の足を守るため牛靴も発明した。
マッドガード 【mudguard】
泥よけの目的で、ソールのエッジにぐるりと巻かれた革やゴムのテープのこと。 しかし、元々はこの目的、つまりアッパーが汚れたり、濡れたりするのを防ぐために施されたものだったが、現在ではデザイン上の一つのスタイルになっている。
マットしあげ 【――仕上げ/mat finish】
革に施すツヤ消し仕上げのこと。 革の表面に鈍く、沈んだ表情を与えることができる。
マドラス 【madras】
細い糸で織った格子柄の綿布。 シャシ、パンツなど衣料の素材として用いられるのが一般的だが、カジュアルな靴のアッパー素材に用いることもある。
マニピュレーション 【manipulation】
足の裏をマッサージしたり、押すなどして、足の疲れや痛みを癒す施術のこと。
マニュファクチュア 【manufacture】
語源はラテン語の「manu=hand」と「facture=make」で、手でつくることを意味するが、現在では、機械による製造、及び製造業を言う。
マノロ・ブラニック 【Manolo Blahnik】
靴デザイナー。1942年、スペイン・カナリア諸島生まれ。 ジュネーブの大学で文学、アートを学んだ後、舞台関係のデザインを手掛けていたが、ニューヨークを訪れた折り、「ヴオーグ」誌の編集長、ダイアン・ブリーランドの助言によって、靴デザイナーとなる。沼年に ロンドンのチエルシーに開いたブティック「ザバタ」は、世界の注目を浴びた。 得意とするのはフェミニンなハイヒールだが、そこにアバンギャルド性が潜むのが持ち味。 それは女性の不自由な仕草にセクシーを見る、美意識に根差している。 現在もロンドンのチェルシー、またニューヨークにもブティックを持つ。
マヨルカ 【Mallorca】
ヨーロッパで第2位の靴生産量を誇るスペインを代表する靴産地。 特に高級靴の産地として知られる。 地中海に浮かぶバレアレス諸島最大の島。 英語名は「マジョルカ」。 かつてショパンとその恋人のジョルジュ・サンドがショパンの結核を癒すために滞在したことで知られ、現在でも、ヨーロッパ有数の避暑地として知られている。 靴は、その観光と肩を並べる産業。 スペイン最大の靴産地であるエルダ、エルチェを中心とするバレンシアと比較すると、生産足数では劣るが、質とファッション・レベルにおいて抜きん出ている。歴史のあるメーカーが多く、例えばグッドイヤーのヤンコ、また世界の靴ブランドになりつつあるカンペールも、マヨルカの靴の歴史の中から生まれ、マヨルカに本拠を置く。
マリリン・モンロー 【Marilin Monroe】
”モンロー・ウォーク”で世界を魅了した映画女優。 1926〜1962年。 少女時代を孤児院で過ごすなど寂しい過去を持つが、第二次大戦後、売れっ子モデルとなり、46年、映画デビュー。 出世作は「ナイアガラ」だが、”モンロー・ウオーク”は、この作品から生まれた。 お尻を左右に振って歩く様がセクシーとされたが、 それは左右のヒールの高さが違う靴によって可能になっているという話が流布されている。 右のヒールの方が低いと言われるが、真偽のほどは定かではない。 この他、主演作は「紳士は金髪がお好き」「百万長者と結婚する法」「帰らざる河」「バス停留所」「荒馬と女」など多数あるが、 美脚・靴女優の本領を見せてくれたのが「七年目の浮気」。 地下鉄の通風口から吹き上がる風でスカートが舞い上がり、 ハイヒールを履いた美しい脚が露わになるシーンは余りにも有名だ。 私生活では野球選手のジョー・ディマジオ、 劇作家のアーサー・ミラーなどと3度の結婚をしたが、いずれも離婚。 そして生涯の閉じ方もセンセーショナル。 いまだに自殺か事故死か、あるいは他殺か、謎のまま。繰り返し話題に上っている。
マリン・ブーツ 【marine boots】
「マリン」は「海の」の意で、海辺や船上で用いるゴム製のブーツのこと。
マルケ【marche】
イタリアを代表する靴産地の一つ。 中部、地中海の支湾のアドリア海沿岸に位置する州。 沿岸部は温暖な気候に恵まれ、夏場は避暑地として賑い、内陸部は丘陵が連なる。 そこに点在するチヴイタノーヴァ・マルケ、モンテグラナーロといった町々に靴メーカーがあり、 その数は2000社を超える。かつては国内向け産地だったが、 高級靴の代表的産地であるヴェネトやエミリア・ロマーニャに比べて価格が安いことから、 高品質・中価格を特徴に輸出向けに転換。 現在では品質、ファッション・レベル共に国際市場で認められるブランド、メーカーが数多く存在している。 例えば、ドライビング・シューズで知られるトッズは、マルケの靴企業だ。
マルチカラー 【multicolor】
「マルチ」とは「多数の、複数の」という意味で、多色使いのこと。
まるやま・しげき 【丸山茂樹】
広島・福山市にあるわが国では数少な い靴・履物の本格的博物館「日本はきもの博物館」の創設者。 潟}ルヤマ四代目。1934〜1996年。 福山市松永町は日本一の下駄産地として栄えたが、 それは1892(明治25)年、同町で桐下駄の製造販売を営んでいた丸山茂介が雑木のアブラギを使い、 桐下駄に似た安価な下駄を開発したことに始まる。 以来、丸山家は松永の下駄産業を担ってきたが、 茂樹はその四代目として生まれる・京都大学卒業後、家業を継ぎ、 潟}ルヤマの社長に就任。当時から生活様式の変化によって、 下駄と並行して、既にサンダルの生産を行っていたが、 ついに下駄生産を完全に中止せざるを得なくなるに至り、 先祖が拓いた下駄の歴史を途絶えさせたくないと博物館の創設を決意。 創業100年を迎えた78年、私財を投じて、日本はきもの博物館を創立した。 当初は下駄・草履など、和の履物主体だったが、開館5年後に靴を加え、合計1万5000点を所蔵。 うち2266点は国の重要有形民俗文化財に指定されている。 履物を通して日本の歴史と文化に触れられるようにした功績は大きい。
マレーネ・ディートリッヒ マレーネ・ディートリッヒ 【Marlene Dietrich】
1901〜1992年。 類い希なる美脚でハイヒールを美しく履きこなした女優。 出生年に諸説。出生地はベルリン。23年に映画デビュー。 その後、ジョセフ・フォン・スタンバーグ監督に見い出され、 30年、「嘆きの天使」に主演。 美貌とハスキーな声、そして”百万ドルの脚線美”で一躍世界的なスターに。 以後、同監督の「モロッコ」「上海特急」などに出演。 特に、ハイヒールを脱ぎ捨て砂漠を行く「モロッコ」のラストシーンは有名。 反ナチスの女優としても知られ、戦前、ヒトラーからナチスの女優として招かれたが拒否。 39年に米国市民権を獲得、大戦中は米軍兵士の慰問に励んだ。戦後はフランスに住み、 「リリー・マルレーン」などで反戦を歌った。 97年、ドイツのポツダム広場の一画がディートリッヒ広場と命名された。 パリの自宅で老衰のため死去したが、死後の2002年、 ベルリン市が名誉市民の称号を贈り、名誉を回復した。
まわりすんぽう 【周り寸法】
足囲のこと。
そくい
マンソン・ラスト 【Munson last】
第一次世界大戦中に米軍のマンソン准将によって軍靴用に考案されたトウの広い靴型。 その後、新しい靴型に変更されたため、現在は使われていない。
マンドリン・トウ マンドリン・トウ 【mandolin toe】
トウ先が伸び、かつ上がったスクエア・トウのこと。 特に17世紀のミュールによく見られるスタイルで、これをモチーフにしたスタイルが、1960年代に流行した。
マンメード・レザー 【man-made leather】
合成物質によって、組織、表面感を天然皮革に似せてつくった人造の革の総称。 人工皮革、合成皮革、ビニール・レザーなど、すべてが含まれる。

[ほ]【ま】[み]


HOME靴用語辞典TOP通販表記お問合せリンクについてサイトマップ著作権
靴のパラダイスHPに掲載の文章・画像の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法により保護されています。
All Rights Resesrved,Copyright (C) PARASHOE NET Co., Ltd. since 2005