靴専門通販ショップ「靴のパラダイス」へようこそ!紳士靴(メンズ 革靴 ビジネスシューズ)〜婦人靴(レディース パンプス)まで品数豊富!
ヘッダー画像イメージマップ 靴のパラダイストップへ カートの中身を見る
HOME靴用語辞典TOP姉妹店メルマガ申込み通販表記お問合せFAQリンクについて会員様ログイン

サイト内検索


靴用語集トップ


■公式Twitter

■公式YouTubeチャンネル

■公式Instagram
靴のパラダイスInstagramページヘ

このページをシェア


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


SHOPメインカテゴリー
靴通販トップページ
メンズ(紳士靴)の通販
「PARA SHOE®」当店オリジナル紳士靴
ゴルフシューズの通販
レディース(婦人靴)の通販
靴の手入れ用品の通販
靴修理(ソール交換)受付

サブカテゴリー
紳士靴まるわかりガイド
靴の手入れ方法の説明
店長紹介 / 靴の絵(デザイン)
リンク集 / 公式ブログ
公式SNS(Facebook、Twitter、Instagram、YouTube、Google+、mixi)
靴の写真を投稿(無料)

姉妹店
・靴のパラダイス 楽天市場店
・靴のパラダイス ヤフー店
・靴のパラダイス ヤフオク!店

靴用語集は以下ページに引っ越しました。
https://www.parashoe.co.jp/words/

トップ > 靴用語集(靴辞典)トップ > 【く】
【く】靴用語辞典
[き]【く】[け]

靴型(くつがた)
製靴でつかう原形のこと。 木型ラストプラ型ともいう。

靴底(くつぞこ)
ソールのこと。

靴紐(くつひも)
甲で結ぶ紐のこと。シューレースともいう。

グッドイヤーウェルト式製法[goodyear welt process]
グッドイヤーウェルテッド式とも言いますが、略してグッドイヤー製法とも呼ばれています。 19世紀初めごろ、米国のチャールズ・グッドイヤー二世が、それまで手縫いだった靴を機械化に成功したためこの名が付きました。 靴の中底にアッパー甲革)を吊り込み、ウェルトと呼ばれる棒状の革を巻きつけながら縫い付け、最後にウェルトとアウトソールを縫い付ける製靴法。 近代のセメント式などの簡素化した製法に比べ、職人の技術が重要なことと多くの部品と手間がかかるため少なくなりましたが、その分たいへん丈夫で長持ちする、しなやかな靴が出来上がります。本格派の高級紳士靴などは、現在でもこの製法が多く使われています。

九分仕立て(くぶじたて)
ハンドソーンウェルテッド式のうち、 底付けアウトソール出し縫い)のみ機械縫いで行う製靴法のこと。 十のうち九分を手製で仕立てるという意味からついた呼び名。

九分半仕立て(くぶはんじたて/くぶはんしたて)
九分仕立て底付けアウトソールの機械縫い)の一部を手縫いで行う製法のこと。 つま先部分の出し縫いを機械縫いで行い、土踏まず(ウェスト)部分を手縫いで仕上げることが多い。 手縫いで仕上げることで、土踏まず部分のウェルトを極限まで見えなくし、踏まず部分を絞り込むベベルドウェストが可能になる。

クロコダイル
ワニの中のクロコダイルの革を指す。希少性が高く高級品とされる。
ワニ革

クロム鞣し
鞣しで使用する薬品が化学薬品(鉱物性鞣剤)であること。 クロム鞣しの革は、長期間使用しても変形・劣化しにくいのが特徴。 現在の革製品のほとんどがクロム鞣し革のものが多い。 対照に、天然物質で鞣すことを「植物タンニン鞣し」という。


[き]【く】[け]


HOME靴用語辞典TOP通販表記お問合せリンクについてサイトマップ著作権
靴のパラダイスHPに掲載の文章・画像の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法により保護されています。
All Rights Resesrved,Copyright (C) PARASHOE NET Co., Ltd. since 2005