靴専門通販ショップ「靴のパラダイス」へようこそ!紳士靴(メンズ 革靴 ビジネスシューズ)〜婦人靴(レディース パンプス)まで品数豊富!
ヘッダー画像イメージマップ 靴のパラダイストップへ カートの中身を見る
HOME靴用語辞典TOP姉妹店メルマガ申込み通販表記お問合せFAQリンクについて会員様ログイン

サイト内検索


靴用語辞典トップ
【靴の名語録】コメントガーデン
赤い靴
スニーカー
靴とジンクス
男の靴
靴職人名語録
子供と靴
裸足、素足、生足
犯罪と靴
スポーツと靴
女性と靴
靴のことわざ

当オンライン靴用語辞典は、シューフィル社発行の「百靴事典」を特別に許可を得て転載しております。掲載の文章/イラストなどの著作権はすべてシューフィル社に帰属いたします。本書は、靴のことなら何でもわかる国内最大の靴辞典です。
ご購入はこちら

公式ソーシャル
■Facebook フォローする

■Twitter フォローする

■YouTube チャンネル登録


このページを共有する


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


SHOPメインカテゴリー
靴通販トップページ
メンズ(紳士靴)の通販
「PARA SHOE®」当店オリジナル紳士靴
ゴルフシューズの通販
レディース(婦人靴)の通販
靴の手入れ用品の通販
靴修理(ソール交換)受付

サブカテゴリー
紳士靴まるわかりガイド
靴の手入れ方法の説明
靴製法の種類 / 靴用語
店長紹介 / 靴の絵(デザイン)
リンク集 / 公式ブログ
Facebook / Twitter / YouTube / Google+ / mixi

姉妹店
・靴のパラダイス 楽天市場店
・靴のパラダイス ヤフー店
・靴のパラダイス ヤフオク!店

トップ > 靴用語集(靴辞典)トップ > 【こ】
【こ】靴用語辞典
※文章/イラスト:百靴事典シューフィル発行)
[け]【こ】[さ]

ゴア 【gore】
ゴムを織り込んだ伸縮性のある生地。靴の着脱を容易にしたり、足にフィットさせる目的で、アッパーの材料として用いられる。
ゴア・シューズ 【gore shoes】
アッパーの両サイドなどにゴアを用いた短靴のこと。
ゴア・ブーツ【gore boots】
ゴアを用いたブーツのこと。代表を上げると、サイド・ゴアブーツ。履口の内外両サイドにゴアが取りつけられており、着脱が容易なだけでなく、フィット性も良い。アンクル・ブーツの代表的なデザインだ。
ブーツ
コイン・シューズ 【coin shoes】
ローファーの別名。ウエスト部を横切るベルトの中央が細長く切り抜かれており、そこにコインを挟んで履いていたので、この呼び名がある。
ペニー・ローファー
コイン・ローファー 【coin loafer】
甲部のベルトにコインを鋏んだローファー。
コイン・シューズペニー・ローファー
こうかわ 【甲革】
靴の甲部分、アッパーのこと。またアッパーに用いる革も指す。
アッパー
こうぐ 【工具】
器物をつくることに用いる小器具の総称。主に手で使う手工具であり、使い手は職人。靴職人が手で一足の靴をつくる場合、包丁に始まり、ワニ、ダシ針、スクイ針、ヤスリ、各種のコテなど、その数は30以上に及ぶ。職人の熟練は、工具をどのくらい使いこなせるかに比例し、またどんな靴をつくりたいかによって変化し、優れた職人は独自の工具を編み出したりもする。
こうさきしん 【鋼先芯】
作業用や防護用に用いる安全靴の爪先部分に入れる、鋼鉄の芯、スチール・キャップのこと。
ごうせいぞこ 【合成底】
合成樹脂や合成ゴムでつくられた本底のこと。革底のような通気性はないが、材料の組み合わせ方によって耐油性や耐電性を持たせたりすることができ、また耐摩耗性や耐水性に優れていることから、接着剤の発達によって急速に普及した。
ごうせいひかく 【合成皮革】
面やメリヤスなどの基布に、ナイロンやウレタンをコーティングし、革のように見せた素材。一般的にビニールと呼ばれているものも、この仲間のように思われているが、ビニールは塩化ビニールをコーティングしたもので、「ビニール・レザー」が正確な呼び名。合成皮革とは異なる。しかし、どちらも革に似た素材であることに変わりなく、一緒くたに「合皮」と称されているケースが多々ある。
じんこうひかく
後足部 こうそくぶ 【後足部】
足の後部の七つの骨からなる部分のこと。いわば踵部分で、「足根」とも言う。七つの骨は密接に結びつき、ほとんど動くことが無く、体重と歩行時の衝撃を受け止める役割をしている。
そっこんこつ
後部縫い割り こうぶぬいわり 【後部縫い割り】
アッパーの内側と外側を、後部、つまり踵の中央で縫い合わせた縫い目、またはその部分のこと。
こうべ 【神戸】
日本の主要靴産地の一つ。古くから「履きだおれの神戸」と言われ、東灘区住吉地区に婦人革靴製造業者が集まっている。しかし生産量では圧倒的に長田区。長田には、ケミカル・シューズのメーカーが多く集まり、ケミカル・シューズの中心的産地として知られている。しかし1995年の阪神・淡路大震災で大打撃を受け、産地として崩壊の危機に瀕したが、見事に復興。現在も200社を超えるメーカーが操業している。  産する靴は、若い層を対象にしたカジュアルが中心で、魅力は安価であること。また下請けを活用した小回りのきく生産体制も特徴で、バイタリティを持った産地ということができる。
こうまわり 【甲周り】
足の甲の周り、あるいはその寸法のこと。ガースと同義だ。
ガース
コーティング 【coating】
革の表面に薬剤を塗布して被膜をつくること。樹脂仕上げを指すが、エナメルも、この手法を用いた革だ。
ゴート 【goat】
大人の山羊の皮を鞣した革のこと。甲革として用いられる他、メッシュ素材の材料として使われることも多く、ゴート・メッシュは、メッシュの中の高級品だ。
コードウェイナー 【cordwainer】
イギリスの用語で、靴職人のこと。「コードバンを扱う者」という意味を持っており、スペインのコルドバに由来するコードバンが、靴づくりにおいて歴史的な意味を持っていることを伺わせる。
コート・シューズ 【cout shoes】
イギリスで言うところのプレーン・パンプスのこと。
コート・タイ 【cout tie】
コートは「宮廷」、タイは「結ぶ」の意。つまり、宮廷における儀式用のひも靴のこと。男子用、婦人用ともにあるが、紳士はエナメル製のオックスフォードだ。
コードバン 【cordovan】
植物タンニン鞣しをした馬革の臀部を仕上げた革のこと。馬革の臀部にはシェルと呼ばれる繊維組織が緻密な部分があり、そのシェルを床面から削り出し、磨き、さらにオイルを含ませて仕上げる。従って赤味がかった濃褐色の美しい光沢を放っているのは、ぎん面ではなく、床面だ。高級紳士靴の素材として用いられ、靴マニアに珍重されている。名前は、スペインがアラブに支配されていた時代に中心都市として栄えたコルドバに由来し、アラブ文明の優秀な製革法として知られている。
コーン・ヒール コーン・ヒール 【corn heel】
アイスクリームのコーンのようなフォルムのヒールのこと。
ヒール
コサック・ブーツ 【cossak boots】
ロシアのコサック騎兵が履いていたブーツのこと。ずん胴型のシルエットで、毛皮をつけた履き口が折り返されているのが特徴だ。
こしうら 【腰裏】
腰革を補強する目的で取りつけた革、布などの裏地のこと。「クォーター・ライニング」のことだ。
こしかわ 【腰革】
アッパーの部分名称で、インステップから後部の踵周り部分。「クォーター」のこと。
こどもぐつ 【子供靴】
子供用の靴のこと。サイズ・レンジで言うと、JIS(日本工業規格)の子供用サイズ表には、足長10.5〜26.0センチまで、5ミリ等差で規定されている。しかし実際の市場では、14.0〜21.0、ないし22.0センチが子供靴で、それより小さいものはベビー靴として区別している。またサイズ間の間隔は、JIS規格に反して1センチ等差が一般的だが、近年、5ミリ等差が増えて来てはいる。  子供の足は成長過程にあり、骨格の構造などが不完全。そのため支持性、屈曲性、通気性などにおいて、高い性能が求められる。またフィッティングも入念に行われなければならないが、その基本になるサイズは前述の通りで、足幅への対応も弱い。日本の子供靴は欧米に比べて遅れており、さらなる改善が求めれている。
子供靴
コバ コバ【蹠=業界表記】
アッパーを釣り込んだ底部の縁から外側に張り出した、縁周りのこと。「エッジ」とも言う。通常、内踏まず上がりから爪先を通り、外踏まず上がりで終わるが、踵までぐるっと通ったものを、「ダブル・エッジ」という。
エッジ
コバしあげ 【“蹠”仕上げ】
コバをヤスリで磨いたり、防水処理をしたり、きれいに仕上げること。
コブカブ 【cobcab】
トルコの履物の一つ。公衆浴場で履かれた、木製のサンダル型で、主に婦人用として用いられた。
コブラー 【cobbler】
靴修理職人、あるいは独り立ちの靴職人には満たない見習いのこと。
こまづかいのにっき 【小間使の日記】
1964年製作のフランス映画。ルイス・ブニュエル監督、ジャンヌ・モロー主演。  パリから北フランスの富豪の家にやって来た、ジャンヌ・モロー扮する小間使を取りまく異様な人々の物語を通して、ブルジョワジーの退廃が描かれていく。その退廃の極みが、当主の老父の靴フェチぶり。夜毎、ジャンヌ・モローの小間使にハイヒールのブーツを履かせて楽しむ。その靴の素晴らしいこと。靴を堪能するだけでも、一見の価値あり。
コラーゲン 【collagen】
皮の主成分である、天然のタンパク質繊維のこと。その繊維は、アミノ酸が規則正しく並んでポリペプチド(結合体)を形成し、それが3本より合わさって原繊維を構成するという構造になっている。しなやかなどの革の特徴は、この構造に因っている。また皮や骨などから抽出することができ、ケーシングとしてソーセージの皮、化粧品、また手術糸など医療品にも使われている。
コルク 【cork】
地中海諸国、特にポルトガルで多く産出される、コルクの木の皮からつくられる素材。ウエッジ・ヒールなどの底材、また細かく砕いて、底部に入れる中物としても使用される。フットベッド・インソールのベース素材にも使われている。天然素材であり、軽く、適度な弾力性を持っており、靴に適した素材と言える。
コルドニエ 【cordonnier】
フランス語で、靴職人のこと。英語の「コードウェイナー」に当たる。
コードウェイナー
コルファム 【Corfam】
アメリカのデュポン社が開発した人造皮革の商標。ポリウレタンをポリエステルで強化した高分子物質でつくられ、1平方センチに15万以上の細かい気孔があり、蒸れにくいため、靴用として大いに注目された。日本では1964年、この素材を用いられた靴が「コルファム・シューズ」として大々的に売り出されたが、市場を取るに至らず撤退、今は昔の語り草になっている。
ゴルフ・シューズ 【golf shoes】
ゴルフをする時に用いる靴。スイングをしっかり支える必要性から、底面に金属製のスパイクが取りつけてある。この重さに耐えるため、底材、甲革ともに、厚手の良質なものが使われ、独特の重厚感が特徴。アッパー・デザインは、コンビネーションのウイング・チップやキルトを取りつけたものが代表的だ。
コロニアル・シューズ コロニアル・シューズ 【colonial shoes】
アメリカの植民地時代に着用された靴。ベロが外に出ており、アッパーにリボンやバックルが取りつけられたデザインが特徴だ。
コングレス・ブーツ 【congress boots】
甲部の内側に伸び縮みする幅広いまちをつけた、踝の深さのブーツ。「コングレス・ゲイター」とも言う。南北戦争から1990年代の初めまで、男女ともに広く愛用された。
こんごうなめし 【混合鞣し】
鞣し剤としてクロムとタンニンを併用した鞣し法。「コンビネーション鞣し」「コンビ鞣し」とも言う。
コンバット・ブーツ 【combat boots】
戦闘用のブーツのこと。深い編み上げ、あるいはトップにカフという短いスパッツがついたデザインが特徴だ。
コンビネーション・シューズ 【combination shoes】
二つの色や素材を組み合わせた靴の総称。典型はサドル・シューズで、サドル部分が茶や黒で、ほかが白だったりする。概して、スポーティ感覚の靴だ。
コンフォート・シューズ 【comfort shoes】
コンフォートは「心地いい」「楽な」の意で、履き心地を優先してつくられた靴のこと。日本では1980年代以降に広まった。しかし明確な定義が示されておらず、ムード的に使われるケースも多々ある。

[け]【こ】[さ]


HOME靴用語辞典TOP通販表記お問合せリンクについてサイトマップ著作権
靴のパラダイスHPに掲載の文章・画像の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法により保護されています。
All Rights Resesrved,Copyright (C) PARASHOE NET Co., Ltd. since 2005