靴専門通販ショップ「靴のパラダイス」へようこそ!紳士靴(メンズ 革靴 ビジネスシューズ)〜婦人靴(レディース パンプス)まで品数豊富!
ヘッダー画像イメージマップ 靴のパラダイストップへ カートの中身を見る
HOME靴用語辞典TOP姉妹店メルマガ申込み通販表記お問合せFAQリンクについて会員様ログイン

サイト内検索


靴用語辞典トップ
【靴の名語録】コメントガーデン
赤い靴
スニーカー
靴とジンクス
男の靴
靴職人名語録
子供と靴
裸足、素足、生足
犯罪と靴
スポーツと靴
女性と靴
靴のことわざ

当オンライン靴用語辞典は、シューフィル社発行の「百靴事典」を特別に許可を得て転載しております。掲載の文章/イラストなどの著作権はすべてシューフィル社に帰属いたします。本書は、靴のことなら何でもわかる国内最大の靴辞典です。
ご購入はこちら

公式ソーシャル
■Facebook フォローする

■Twitter フォローする

■YouTube チャンネル登録


このページを共有する


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


SHOPメインカテゴリー
靴通販トップページ
メンズ(紳士靴)の通販
「PARA SHOE®」当店オリジナル紳士靴
ゴルフシューズの通販
レディース(婦人靴)の通販
靴の手入れ用品の通販
靴修理(ソール交換)受付

サブカテゴリー
紳士靴まるわかりガイド
靴の手入れ方法の説明
靴製法の種類 / 靴用語
店長紹介 / 靴の絵(デザイン)
リンク集 / 公式ブログ
Facebook / Twitter / YouTube / Google+ / mixi

姉妹店
・靴のパラダイス 楽天市場店
・靴のパラダイス ヤフー店
・靴のパラダイス ヤフオク!店

トップ > 靴用語集(靴辞典)トップ > 【き】
【き】靴用語辞典
※文章/イラスト:百靴事典シューフィル発行)
[か]【き】[く]

きかいぐつ 【機械靴】
製靴機械を用いてつくった靴のこと。手製靴、あるいは手縫い靴に対する言葉。靴は手製、手縫いから機械靴へと移り変わってきた。今日では流通している靴の大半が、機械靴だ。
マシーン・メード
きがた 【木型】
靴をつくる時に用いる型。ラスト、靴型のこと。現在はプラスチック製が一般的だが、かつては木でつくられていたことから、この呼称がある。
きがわ 【生革】
原皮を石灰漬けして毛を抜き、鞣さずにそのまま乾燥した革のこと。靴では靴ひもに使われる程度。その他、太鼓革や木綿の柄の部分などに使われる。
きぐつ 【木靴】
木でつくられた靴の総称。すぐにオランダを思い浮かべるが、オランダに限らず、昔は西欧各国で日常的な履物として履かれ、特に作業靴として履かれた。農作業はもとよりビール工場や染色工場などでも着用された。  いくつか種類があり、サボ(sabot)は、しなの木などの軽い木のブロックをくり抜いてつくった、完全なシューズ・タイプの木靴。これをオランダでは「クロンペン(klompen)」という。クロッグ(clog)は厚い木底に、しばしば革のアッパーを取りつけた、つっかけ式の履物だが、これも木靴の範疇に入る。またオーバー・シューズとして用いるものもある。
きぐつのき 【木靴の樹】
1978年カンヌ国際映画祭グランプリの他、数々の賞を受賞したイタリア映画。エルマンノ・オルミ監督。  舞台は19世紀末、北イタリア、ロンバルディ地方ベルガモ。登場するのは、その小作農場で暮らす4組の家族。四季の移ろいの中で暮らす様が、描くというより、見つめ、叙情的に語るかのように映し出されていく。その中でたった一つ、ドラマチックな出来事が起こる。一つの家族の父親が子供に木靴をつくってやるために、やむにやまれずポプラの木を伐った。それが地主に知れて、農場を追われてしまうのである。  木靴は何の象徴だろうか。子供への愛、家族の絆、土地からの恵み。しかし、土地と離れて暮らす支配者は、土地と家族の絆を断ってしまった。・・・でも、靴があれば歩いていける。再び絆は結ばれる。
キッド 【kid】
子山羊の皮を鞣した革のこと。軽く肌のキメが細かく、感触も柔らかで、しかも丈夫。主に高級な婦人靴のアッパー材料として使われる。
キップ 【kip】
生後6ヵ月〜2年までの牛からとった原皮のこと。これを鞣した革も、こう呼ぶ。  これより幼い牛の革がカーフだが、カーフと比較すると、カーフよりやや厚みがあるが、肌のキメは同程度に細かく、しなやかで、カーフに次いで上質と位置付けられている。靴に限らず、ランクの高い皮革製品に用いられる。
きもうそざい 【起毛素材】
サンドペーパーでこすって、表面を毛羽立たせた素材の総称。代表的なものに、スエードとヌバックがある。スエードは革の裏面を起毛させたもの。ヌバックは反対に表面のぎん面を起毛させたものだ。この他バックスキンもあるが、これは鹿革(buckskin)のぎん面を起毛させたものだ。
きゃくちょうさ 【脚長差】
左右の脚の長さが違うこと。成長障害、あるいは成長期を過ぎてからの骨折や手術が原因で生じ、歩行の正常なバランスを欠くことになるが、それだけでなく椎間板症、脊椎関節症、脊柱足湾などを伴う。これらの症状は、脚長を均等に調整することによって緩和できるが、調整には整形靴の範疇に入る靴を用いる。ただしごく軽度の脚長差は、姿勢の乱れによる骨盤の傾斜、膝の屈曲、脊柱の湾曲などによっても生じる。正しい姿勢は重要である。
キャタピラー・ソール 【caterpillar sole】
戦車やブルドーザーの車輪に取りつけられたキャタピラーに似た意匠のソールのこと。防滑性に優れているなどの特徴があり、アウトドア・タイプの短靴やブーツに用いられる。
キャド/キャム 【CAD/CAM】
CAMは「Computer Aided Design」の略で「コンピューター支援製造」のこと。いずれもIT(information technology)によって工業製品の製造を効率的に進めようとする手段であり、靴においても、型紙の設計をCADで行い、そのデータをコンピューター制御の裁断機に流すというような形で導入が進んでいる。
キャトル・ハイド 【cattle hide】
「キャトル」とは飼育されている牛の総称。「ハイド」は皮。従って、牛皮の総称である。
キャラバン・シューズ 【caravan shoes】
簡易な山歩き用の靴のこと。アッパーは革や布、もしくは両者のコンビネーションで、ソールはタイヤのような凸凹をつけたゴム製という場合が多い。普通の靴よりも重いが、山歩きにはその方が向く。  「キャラバン」とは砂漠を旅する時の「隊商」。それが転じて、登山の時のチームを意味して使われるが、藤倉ゴム工業の同用途の靴の商品名が、一般呼称として広まったもの。しかし、現在では、軽登山用の靴は「トレッキング・シューズ」と呼ぶケースが増えている。
キャリッジ・ブーツ 【carriage boots】
寒い日に馬車の中などで、靴やスリッパの上に履いて 足を暖めた、婦人用のオーバー・ブーツ。布製で、履き口は毛皮で縁取りされているのが、一般的なスタイル。
キャンバス・シューズ 【canvas shoes】
キャンバス地、すなわち麻や綿などの丈夫な布、主に帆布をアッパーに用いた靴のこと。平たく言えば、ズック靴である。
キャンパス・シューズ 【campus shoes】
「キャンパス」とは学校の校庭のこと。そこから学校、主に大学の構内で履くのにふさわしいデザインの靴のこと。ローファーあたりが、その代表ということになろう。
キューバン・ヒール キューバン・ヒール 【cuban heel】
底とつながる前方部分が垂直で、全体に太く、ヒールの底面に向かい自然に細くなっている形のヒール。高さは5センチくらいの中ヒールだ。
キュイール 【cuir】
フランス語で「革」のこと。
牛革 ぎゅうかく 【牛革】
牛から得られる革の総称。牛の大きさによってカーフ、キップ、ステアなどの種類がある。
かわ
きゅうくつぶくろ 【窮屈袋】
明治時代に見られた靴の俗称。下駄・草履という開放性の履物に慣れ親しんで来た日本人にとって、足を完全に被う靴は、まさしく窮屈な革の袋に足を入れたようであったろう。言い得て妙である。
きゅうほうしつせい 【吸放湿性】
湿気を吸収し、かつ放出する性質のこと。足は汗をかきやすい上に、靴は閉塞性が高い。従って、快適な靴をつくるためには、素材、特にアッパー材や裏材の吸放湿性が重要なポイントになる。動物の皮膚である革は生来の特性として吸放湿性を持っているが、近年、この機能に富んだ人工素材が開発され、裏材を中心に使われるようになっている。その代表的な素材としては、ハイテク素材と言われるゴアテックやキャンブレルをあげることができる。
きょうせいぐつ 【矯正靴】
後天的、あるいは先天的な足の変形や欠陥を矯正することを目的とした靴。医師の処方によって製作されるのが本来的な姿であり、整形靴の一つとして位置づけられるものだが、矯正効果を謡い、商業的に製造されたものも見受けられる。
きょせい 【去勢】
牛、馬などの牡の睾丸を除去すること。ステアは、3ヵ月以内に去勢された牛の皮だ。去勢は肉牛の一般的飼育法で、男性ホルモンの分泌が促され、肉質が良くなり、また飼育管理も楽になると言われている。
ギリー ギリー 【gilie,ghilie】
舌革がなく、甲部のひも環にひもを通し、交差させ締めるローカットのひも靴。ひもの先端に房飾りを取り付けたものもある。スコットランドの高知で生まれたスタイルで、スポーティな靴とされるが、カジュアル化が進んだ現代においてはむしろドレスっぽさを狙った靴のデザインとして採用されるケースが多い。また、子供靴の定番的スタイルでもある。
きりっぱなし 【切りっ放し】
アッパーの各部の縁を折り込むなどの処理をせず、裁断したままの状態にしてあるものを言う。靴のデザインにラフな印象を与えたい時のテクニックとして用いられる場合が多い。
キルティ・タン キルティ・タン 【Kiltie tongue】
フリンジに見られるような切込みをつけた舌革のこと。ゴルフ・シューズによく見られる。
キルテッド・レザー 【quilted leather】
厚い裏地を裏にあて、刺し子縫いした革のこと。刺し子の縫い目によって、いろいろな柄を表面に形作ることができる。靴でも一部に見られるが、バッグに用いられるケースの方が多い。ブランド物のバッグにも使われている。「キルティング・レザー」とも言う。
キロポディ 【chiropody】
ポダイアトリー
キロポディスト 【chiropodist】
たこ、魚の目、爪・趾の変形の他、足の疾患の診断、治療を行う足治療の専門家のこと。この名称は1700年代の文献にも見られ、足治療が古くから行われていたことが分かる。ただし今日では、「ポダイアトリスト」という言い方が一般的になってきている。
ポダイアトリスト
ぎんうき 【――浮き】
革の品質を表す用語。ぎん面を内側にして折ると、畝状のしわが生じる状態のこと。これが生じる革の商品価値は低い。
きんからかわ 【金唐革】
古くから愛好された装飾革。革に金属箔を張り、花、動物などの文様を型押しし、それを彩色して仕上げた革。どこで生まれたかは諸説あるが、その最盛期は14〜17世紀のヨーロッパ。本の表紙、椅子の背張りといったものにとどまらず、高級な壁紙として、貴族の城館を豪華に美しく飾った。日本には、寛文年間(1661から1672年)に、オランダ人によってもたらされ、その異国情緒が大名に珍重された。その後、国内でも製作されるようになり、金唐革製の煙草入れなどがつくられ、愛用された。今も骨董品として残るが、その工芸品としての価値は非常に高い。現在でも皮革工芸家によって製作されているが、その数は非常に少ない。  またこれに似せた「金唐革紙」という和紙も存在し、江戸の発明家、平賀源内がその開発に取り組んだという史実も残っている。
ぎんつきがわ 【――付き革】
ぎん面のある革のこと。ぎん面を削り取った安価な革と区別する意味合いが込められている。略して「ぎん付き」とも言う。
ぎんめん
ぎんのブーツ 【銀の長靴】
1967年製作の松竹映画。市川泰一監督。由美かおる、奈美悦子主演。  歌謡映画、喜劇、時代劇など娯楽映画を幅広く手掛けた職人監督が、当時大人気の西野バレエ団の5人娘=レ・ガールズ(金井克子、由美かおる、奈美悦子、原田糸子、江美早苗)のためにつくったプログラム・ピクチャー。見物は、ミニ・スカート+ブーツのプロポーション&ステップ。
ぎん面 ぎんめん 【――面(銀面、吟面)】
皮の表皮層の下の真皮層の外面、つまり乳頭層のことを言う。表皮層は革へと鞣される工程の脱毛処理で取り除かれてしまうので、簡単に言えば、革の一番表面のこと。牛革で言えば、つるつるした面のことだ。  ただし、ぎん面の感触は、動物によって異なる。表皮層と乳頭層の接触面は、動物によって特有の凸凹を形成しているからだ。この違いは、革が生来持っている表面デザインの違いとも解釈できる。これを靴デザインに有効に活用すれば、使用する革の選定によって、デザインの独自性を生み出せる。また、牛革では、ぎん面が平滑で緻密なほど、商品価値が高くなる。
ぎんわれ 【――割れ】
表面が裂けたり、割れ目が生じた、ぎん面のこと。革としての商品価値は低い。

[か]【き】[く]


HOME靴用語辞典TOP通販表記お問合せリンクについてサイトマップ著作権
靴のパラダイスHPに掲載の文章・画像の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法により保護されています。
All Rights Resesrved,Copyright (C) PARASHOE NET Co., Ltd. since 2005