靴専門通販ショップ「靴のパラダイス」へようこそ!紳士靴(メンズ 革靴 ビジネスシューズ)〜婦人靴(レディース パンプス)まで品数豊富!
ヘッダー画像イメージマップ 靴のパラダイストップへ カートの中身を見る
HOME靴用語辞典TOP姉妹店メルマガ申込み通販表記お問合せFAQリンクについて会員様ログイン

サイト内検索


靴用語辞典トップ
【靴の名語録】コメントガーデン
赤い靴
スニーカー
靴とジンクス
男の靴
靴職人名語録
子供と靴
裸足、素足、生足
犯罪と靴
スポーツと靴
女性と靴
靴のことわざ

当オンライン靴用語辞典は、シューフィル社発行の「百靴事典」を特別に許可を得て転載しております。掲載の文章/イラストなどの著作権はすべてシューフィル社に帰属いたします。本書は、靴のことなら何でもわかる国内最大の靴辞典です。
ご購入はこちら

公式ソーシャル
■Facebook フォローする

■Twitter フォローする

■YouTube チャンネル登録


このページを共有する


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


SHOPメインカテゴリー
靴通販トップページ
メンズ(紳士靴)の通販
「PARA SHOE®」当店オリジナル紳士靴
ゴルフシューズの通販
レディース(婦人靴)の通販
靴の手入れ用品の通販
靴修理(ソール交換)受付

サブカテゴリー
紳士靴まるわかりガイド
靴の手入れ方法の説明
靴製法の種類 / 靴用語
店長紹介 / 靴の絵(デザイン)
リンク集 / 公式ブログ
Facebook / Twitter / YouTube / Google+ / mixi

姉妹店
・靴のパラダイス 楽天市場店
・靴のパラダイス ヤフー店
・靴のパラダイス ヤフオク!店

トップ > 靴用語集(靴辞典)トップ > 【へ】
【へ】靴用語辞典
※文章/イラスト:百靴事典シューフィル発行)
[ふ]【へ】[ほ]

ベアフット・サンダル 【barefoot sandal】
 「裸足のサンダル」という意味だが、裸足で履く、あるいは裸足に見えるほど、甲の露出度が高いサンダルのこと。本来はリゾート用だが、ファッションとしてタウンで履かれる場合もある。
ベイニー・レザー 【veiny leather】
ぎん面に血筋が見える革のこと。カーフによく見られ、血筋の見える革は良質とされている。ベイン(vein)は、静脈のこと。
ベヴェル 【bevel】
アッパー、あるいはパーツのエッジを薄く削ぐこと、あるいは削ぐなどして傾斜をつけること。
ベヴェルド・ウエスト 【beveled waist】
中底、本底のウエスト部の内アーチに傾斜をつけ、タイトに仕上げること。スマートで、スタイリッシュに見えると同時に、アーチのサポート性を高める効果もある。高級靴、特に手製に見られるテクニックだ。
ベヴェルド・エッジ 【beveled edge】
本底のエッジの仕上げ方法の一つ。  エッジの上下を斜めにし、側面が三角形を外観を呈するように仕上げるスタイルのこと。主に高級紳士靴に用いられるテクニックで、靴全体にエレガントでスタイリッシュな印象を持たせるために用いられる。日本独自のスタイルとされる「矢筈」に類するスタイルだ。
エッジやはず
ペース 【――】
製靴用に用いられる、木製の釘のこと。しかし現在では、金属製の釘やタックスに変わり、ほとんど使われていないため、釘を意味して使われる場合もある。英語では、「ペッグ(peg)」と言い、「ペース」という言い方は、日本だけのものと思われる。何を語源とするかは不明。
ベースボール・シューズ 【baseball shoes】
野球をする際に着用する靴。一般的にはひも締めのローカットで、ソールはスパイク付き。高級なものでは、アッパーにカンガルーの革が使われる。
ベス・レヴィン 【Beth Levine】
ハーバード&ベス・レヴィン
ペコス・ブーツ ペコス・ブーツ 【Pecos boots】
「ペコス」とは、アメリカ南部、ニューメキシコからテキサスにかけて流れるペコス川のことで、その流域で掃かれていた作業用ブーツを原型とするブーツのこと。本来はワークブーツの代表的メーカー、米・レッドウイング社の商標であるが、一般名詞のように使われている。  やや幅広のラストで、ルーズフィット型のシルエット、アッパーはオイルド・レザー、ソールは白の薄いウエッジ型が特徴。アウトドア派の定番アイテムとして愛用されている。
ペッカリー 【peccary】
中南米に生息するイノシシに似た動物で、革は、繊細で柔らかく、手袋や高級靴のアッパーに使われる。
ペッグ 【peg】
製靴用に用いる木製の釘のこと。日本で「ペース」と言っているものに当たる。
ペース
ペッグズ 【pegs】
ウエスタン・ブーツのソールの、ちょうどシャンクあたりに打ちつけられた小さな木製釘のこと。高品質のブーツの証明と同時に、装飾の意味合いで打たれる。なかには1足に300ものペッグを打ったウエスタン・ブーツもあると言う。
ペッグド・シューズ 【pegged shoes】
アッパーとソールの接合に、ペッグ、すなわち木釘を用いた靴、またブーツのこと。  米国の書物によると、1870年以前の米国には、35のペッグ工場があり、年間7万5000ブッシェル(1ブッシェル=36リットル)ものペッグを生産していたという。靴製造には、ペッグが不可欠だったことを表している。しかし、機械縫いの登場と浸透によって、姿を消した。
ヘッシャン 【Hessian】
ざっくりと織られた麻織物のこと。コーヒー豆などが入っているずだ袋に見られるが、イスや敷物の裏張りの他、靴のアッパーに用いる場合もある。また、これをアッパーに使ったズック靴を、欧米では「ヘッシャン」と呼ぶようであるが、日本では聞かない。
ヘッシャン・ブーツ ヘッシャン・ブーツ 【Hessian boots】
19世紀にヘッセン人の傭兵によって紹介され、イギリス人が一般化したブーツ。膝丈で、トップラインに房飾りがついているのが特徴だ。  ヘッセン人(Hesseian)は、米国独立戦争時に英国が雇ったドイツ人の傭兵で、広義には、傭兵を意味する。
ヘップ・サンダル 【hep sandal】
俗に言う、つっかけ、つまりミュールのこと。  「ヘップバーン・サンダル」が詰まったもので、「ヘップバーン」とは、オードリー・ヘップバーンのこと。1950年代、ヘップバーン主演の映画「麗しのサブリナ」が大ヒット。ここからサブリナ・シューズ、サブリナ・パンツが生まれたが、ヘップバーンは、つっかけスタイルのサンダルも履いていた。これに日本の業界が目をつけ、ヘップバーン人気にあやかろうと、つっかけを「ヘップバーン・サンダル」と命名し、打ち出したと言われている。  かつて日本人が、下駄・草履の派生から、つっかけ式のサンダルを日常履きとして愛用していた頃は、サンダル専門のメーカーが、浅草や大阪にあり、「ヘップ業界」というものが存在した。しかし、現在では、ほとんど死語になっている。
ペディキュア 【pedicure】
足とその爪の手入れ、化粧のこと。フットケアにも、爪の手入れが含まれるが、フットケアのそれは足の健康を目的とした手入れ、ペディキュアは美容という点において、一線を画す。
ペニー・ローファー 【penny loafer】
ヴァンプのインステップ部に取りつけたベルトに、1ペニー硬貨を差し挟んだスタイルのローファー。1950年代に、アメリカの若者の間で爆発的に流行した。
コイン・ローファーローファー
ヘビー・ステッチング 【heavy stitching】
太い糸、粗い縫い目で、手縫いに似せて機械で施されたステッチのこと。主に馬具の製作に用いられる。
ベビー・ドール・シューズ ベビー・ドール・シューズ 【baby doll shoes】
丸く、広く、そして捨て寸の短いトウ・スタイルの靴のこと。1920年代に流行し、それ以降も見られるが、足を小さく見せるために、こうしたトウ・スタイルが考案されたと言われる。通常、高いヒールがつけられている。
ベビー・ルイ・ヒール 【baby Louis heel】
中間がくびれたシルエットのルイ・ヒールのうち、高さが、より低いものを言う。
ベビー・ルック・シューズ 【baby look shoes】
丸いトウで、甲にストラップがついた、ローヒールの靴。ベビー・ドール型のドレスやミニ・スカートに合わせて履かれるので、この名がある。ミニ・スカートの全盛時に、それに合わせて履かれた。
ベビーぐつ 【――靴/baby shoes】
赤ちゃん用の靴のこと。サイズの規定があるわけではないが、歩き始める前の靴と、理解すべき。従って、歩くための機能よりも足の保護・保温、また靴に慣らすためといった意味合いで、アッパーは柔らかい革などで、ソールもソフトなものが適切。
ヘビーデューティ・ブーツ 【heavy-duty boots】
「ヘビーデューティ」は、「頑丈な」といった意味で、丈夫さ、実用性を重視してつくられているブーツ。具体的にはワーク・ブーツやアウトドア・ブーツを指し、アッパーは肉厚の革で、ソールは滑りにくさを考慮し、底面がギザギザのラギッド・ソールといったスタイルが一般的だ。
ヘビがわ 【蛇革】
蛇の皮を鞣した革の総称。主流は錦ヘビだが、水ヘビ、海ヘビなども使われる。
かわパイソン
ペブルド・グレイン 【pebbles grain】
「ペブル」は「小石」のことで、小石のようなドットを型押しした、ぎん面を言う。
ベリアル・シューズ 【burial shoes】
棺の中の死者に履かせる、簡単なつくりの黒の靴のこと。
ヘルス・シューズ 【health shoes】
健康靴のこと。足は全身を支える土台であり、また第2の心臓。足の健康は、全身の健康に関わる。こうした見方に立ち、足の健康を維持・増進する機能、例えばフットベッド中敷などを搭載した靴のこと。「健康靴」とも言う。
けんこうぐつ
ベリー 【belly】
革の部位の名称で、腹の部分のこと。
かわハイド
ペルージア 【Perugia】
アンドレ・ベルージア
ベル・ボトム・ヒール 【bell-bottom heel】
ヒールの根元の部分に膨らみを持たせ、中間部分を絞り、裾に向かって広がった、ルイ・ヒールを誇張したようなフォルムのヒールのこと。
ベルクロ 【Velcro】
靴の開口部の留め具に使われている、ワンタッチでくっつき、はがせる、面ファスナーの代表商品。一般名詞のように使われているが、これは、米国・ベルクロ社の商品名。また、「マジックテープ」という言い方もされるが、こちらは合繊メーカー、クラレの商標だ。商標権に触れないようにするには、面ファスナーという言い方が妥当だ。  なぜ簡単にくっつき、はがせるかというと、テープの一方はループ状、もう一方はフック状の小さな突起が連なった構造になっており、フックがループに引っ掛かるから。靴への採用は、スポーツ・シューズから始まり、子供靴、コンフォート・シューズ、最近ではファッション・シューズに至るまで、幅広く使われている。
ベルジャン・ローファー 【Belgian loafer】
ベルギーの農夫が履いていた平易な履物をルーツとするローファーのこと。  1950年代、米国の高級百貨店、ヘンリー・ベンデルが、これをアレンジし購入・販売したのをきっかけに、ベルジャン・ローファーとして広まった。ベンデルのそれは、カーフ製のアッパーに、ソールはウエッジ型で、トップラインをパイピングし、ヴァンプには小さいボーたついていた。
ベルト 【pelt】
毛がついた生皮のこと。つまり原皮だが、特に毛皮にするための原皮を指す。
ベルトスクーン 【veldschoen】
英語の「veld」とオランダ語の「schoen」がつながった言葉。前者は「南アフリカの草原」、後者は「靴」を意味し、元々は南アフリカのオランダ系移民が農作業などの時に着用していた粗野な靴のこと。英英辞典には「鞣していない生皮でつくられた靴」とある。これを原型に、ステッチダウン製法で堅牢なアウトドア用にアレンジした靴も、こう呼ばれる。こうした靴が軍隊や砂漠や荒れた地を行軍する時に用いられたという記述もある。  また、国によっては、ステッチダウン製法の別名として用いられている。
ベルベット 【velvet】
表面に毛羽を織り出した織物のこと。わが国では、「ビロード」とも言われている。木綿糸で織ったものもあるが、絹製のものを指す。婦人服、子供服、また帽子などのアクセサリーにも幅広く使われており、靴のアッパー素材に用いられることもある。
べろ 【――】
したがわ
ベロア 【velour】
生革の裏面をバフ掛けし、毛羽立てた革のこと。スエードも同じく、裏面をバフしたものだが、スエードより毛足が長く、粗い。また床革をバフ掛けしたものは「床ベロア」という。スエードより安価だ。  しかし、米の靴用語辞典は「フランス語でベルベットのこと」というだけの表記。「ベロア」を、前記のような意味で用いるのは、わが国固有のことかもしれない。
べろうら 【――裏】
べろに取りつけられる裏地のこと。
ベン・ハー ベン・ハー 【BEN-HUR】
1959年製作のアメリカ映画。ウィリアム・ワイラー監督、チャールトン・ヘストン主演。br>  映画史上最高、不滅と形容される、アカデミー賞11部門受賞の名作、超スペクタクル歴史劇。舞台はローマ時代。ユダヤの豪族の息子、ベン・ハーの数奇な運命を通して、ローマの圧制とキリストの最後を描く。圧巻、かつ有名なのは最後の戦車競技のシーン。今ならCG合成となるところだが、実写で大迫力で迫ってくるからスゴイ。またこの映画からベン・ハー・サンダルが生まれた。ローマの戦士が履いていたカリガのようなイメージの革サンダルで、かつてはメンズの革サンダルを指すことが多かったが、最近ではレディスを含め親指で挟んで履くタイプを指す場合が多い。しかし海外の用語辞典に、この用語はなく、日本だけの用語と思われる。
ペンシル・シューズ 【pencil shoes】
トウが、削った鉛筆の先のように尖った靴のこと。
ペンシル・トウ 【pencil toe】
削った鉛筆の先のように、細く尖ったトウ・ラインのこと。
ベンズ ベンズ 【bend】
皮の部位名称の一つ。肩、脇腹、腹、頭の部分を取り除いて、残った部位のこと。この部位は、肉が厚く、硬いため、底革にする場合、ここが向いている。英語の発音は「ベンド」だが、日本の業界では「ベンズ」と言われている。
ベンチメード・シューズ 【bench-made shoes】
ベンチに座ってつくった靴、ということだが、これは、手縫いで靴をつくる時のスタイル。そこから、手縫い、すなわちハンドソーンの靴を意味する。  昔は、靴はすべて手縫いであり、ベンチメードが当たり前だったが、現在ではオール・ハンドソーンは非常に少なく、現代的には、アッパーとソールの接合を手縫いで行ったものを意味する。また、手縫いは、伝統と品質につながらうイメージがあるため、グッドイヤー・メーカーが、キャッチ・コピー的に用いているケースも見受けられる。
ベンチレーション 【ventilation】
靴の内側の踏まず部分あたりに、蒸れを防止するために施した孔、つまり通気孔のこと。孔には普通、ハトメがつけられている。キャンバス地製のスニーカーに、よく見られる。また通気を目的に、特別のハトメ付きの孔、パンチングを施した靴を「ベンチレーテッド・シューズ(ventilated shoes)」
偏平足 へんぺいそく 【偏平足】
足の裏にはくぼみ、すなわちアーチがあるのが正常だが、これがない、扁平な足のこと。しかし骨がアーチ構造を成していない真性の偏平足は稀と言われている。
 通常、生まれたばかりの子供の足の裏は扁平だが、まだアーチの形成が弱く、足の裏が脂肪に覆われているためで、2,3歳を過ぎた頃には、アーチの形成が進み、偏平足状態を脱する。しかし、アーチを支えるじん帯や筋肉の発達が弱いため、骨のアーチ構造はあっても、立つと自分の体重によって、アーチがつぶれてしまい、偏平足状態が続く子供もいる。
 また加齢などによって、じん帯や筋肉が弱ってくると、アーチが下がってしまい、偏平足状態に陥る例も、しばしば見られる。こういう偏平足は、垂下足と呼ばれる。
 いずれにしろアーチがない、あるいは下がっているということは、衝撃吸収などのアーチの機能が十分に果たされないということで、疲れやすいなどのトラブルの原因になる。また偏平足の足は、後足部の骨が内側に飛び出し、踵が外側に曲がっているケースも見られ、靴のフィッティングも難しい。

[ふ]【へ】[ほ]


HOME靴用語辞典TOP通販表記お問合せリンクについてサイトマップ著作権
靴のパラダイスHPに掲載の文章・画像の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法により保護されています。
All Rights Resesrved,Copyright (C) PARASHOE NET Co., Ltd. since 2005