靴の手入れ(シューケア)方法 革靴の手入れ方法の説明。皮革のメンテナンスを写真付きで種類別に解説。
ヘッダー画像イメージマップ 靴のパラダイストップへ カートの中身を見る
HOME靴のお手入れTOP姉妹店メルマガ申込み通販表記お問合せFAQリンクについて会員様ログイン

サイト内検索


靴のお手入れカテゴリー
靴のお手入れ方法トップ
黒の革
茶色の革
しみになりやすい革
 ・履き込まれた革靴の手入れ
ポリッシュ(つや出し)
エナメル革
スエード・ヌバック革・ベロア
 ・クリーナーで汚れ落とし
 ・スエードカラーで補色
カンガルー革
コードバン(馬の尻革)
オーストリッチ(ダチョウ革)
オイルレザー
革底(レザーソール)
合成皮革(合皮)の靴
 ・履き込まれた合皮靴の手入れ
サドルソープで革靴を洗浄
靴の脱臭(乾燥、殺菌)
ポイントストレッチャーで革靴を伸ばす
シューストレッチャーで靴を伸ばす
靴クリームを塗る布の用意
靴の製法(一覧)
 ・グッドイヤーウェルト製造工程
 ・ハンドソーンウェルト製造工程
 ・グッドイヤーウェルト製法とマッケイ製法の見分け方
【お困り解消】
 ・糸のほつれをキレイに直す方法
 ・剥がれた敷革(インソール/中敷き)を貼り直す方法
よくある質問(お手入れについて)
 ・Q&A集

公式ソーシャル
■Facebook フォローする

■Twitter フォローする

■YouTube チャンネル登録


このページを共有する


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


SHOPメインカテゴリー
靴通販トップページ
メンズ(紳士靴)の通販
「PARA SHOE®」当店オリジナル紳士靴
ゴルフシューズの通販
レディース(婦人靴)の通販
靴の手入れ用品の通販
靴修理(ソール交換)受付

サブカテゴリー
靴用語 / オンライン靴用語辞典
紳士靴まるわかりガイド
店長紹介 / 靴の絵(デザイン)
リンク集 / 公式ブログ
Facebook / Twitter / YouTube / Google+ / mixi

姉妹店
・靴のパラダイス 楽天市場店
・靴のパラダイス ヤフー店
・靴のパラダイス ヤフオク!店

トップ > お手入れ方法 >
ポリッシュ(つや出し)の方法
つま先やかかと等、部分的にポリッシュしてつやを出して、靴にイントネーションをつけます。(俗に、鏡面仕上げとも言います。)ポリッシュひとつで見ちがえるほど見栄えが良くなる靴もあります。ただ、ポリッシュは油膜をつくってツヤを出すので、硬い芯が入っているつま先とかかと部分だけに使うようにします。それ以外の部分に使っても、履くうちに表面に細かいひびが入って、逆に見栄えを損なうだけでなく、のちに皮革のひび割れにつながる場合があります。また、シューポリッシュには、革への栄養が含まれていない為、ポリッシュする前に靴クリームを使った基本的なお手入れを済ませておきます。→黒の革茶の革
また、シューポリッシュの場合、使う布によってツヤがうまく出ない場合があります。→布を用意する
【1】

缶入りKIWIシューポリッシュを用意します。黒の靴には黒、茶の革には茶のシューポリッシュを使います。しみになりやすい革の場合、ポリッシュを塗るだけで色が濃くなりますので、元の色のままをできるだけ維持したい場合は、無色のシューポリッシュを使います。(※ご紹介する画像手順は、つま先だけ少し濃くして靴にイントネーションをつけるため、茶のシューポリッシュを使っています。)
【2】

少量の水を用意します。たくさんの水は使いませんので、容器のふたを利用すると便利です。
【3】

乾いた布に、少量のシューポリッシュをとります。(→布の用意
【4】

シューポリッシュを塗っていきます。少し力をかけて、矢印のように円を描きながら、つま先の先端から徐々に塗っていきます。できるだけ細かい円を描くように塗っておくと、最後につやが出やすくなります。
【5】

つやを出したい範囲にシューポリッシュを塗り終えたら、塗った部分に水を2〜3滴たらします。画像のように、指につけた水をたらすと便利です。
【6】

塗ったシューポリッシュに、水滴を混ぜるように布で磨きます。高速&できるだけ細かい円を描きながら磨きます。多少の摩擦熱を起こしてシューポリッシュ(油)を水分で溶かして、革の表面に均一になじませます。
【7】

次に、また2〜3滴の水滴をたらします。
【8】

少量のシューポリッシュを布にとります。
【9】

たらした水滴と、布にとったシューポリッシュを混ぜるように、つま先の先端から塗っていきます。ここでも、できるかぎり高速&細かい円を描くように塗ることがコツです。摩擦熱+水でシューポリッシュ(油)が溶けてうまく均一に塗れます。
【10】

いよいよ仕上げです。ほんの少量(1〜2滴)の水滴をたらします。
【11】

ほとんど力をかけずに、革表面に触れる程度で、高速&円を描くように布を擦らせます。摩擦熱で、表面の凹凸が平らになってきます。みるみるツヤが出てきます。
【12】

最後に、表面をより平らにするため、縦方向にも高速で布を擦りながら磨きます。ほとんど力をかけずに表面だけを磨きます。とても美しいつやが出てきます。もし、うまくツヤが出ない場合は、(10)〜(12)の手順をくり返します。塗ったポリッシュが、うまく平らになれば、つやが出てきます。
【13】

以上で完了です。*ご紹介の画像手順は、しみ込みのいい茶色の革に、茶のシューポリッシュを使ったため、塗った箇所(つま先)だけ色がすこし濃くなりました。履いていくうちにつやがなくなってきたら、再度水だけを使って【10】〜【12】の手順で磨くようにします。シューポリッシュの塗りすぎ(厚塗り)はひび割れの原因になります。たまにシューポリッシュを補うくらいがGOODです。補い方は【7】〜【12】の手順です。

※皮革の種類や仕上げ等によってお手入れ方法も異なります。一度目立たない箇所でお試しいただいてから行ってください。 公開している手順により発生した損失などの責任は、当店では一切負い兼ねますのでご了承ください。

▲このページのトップへ
(文・写真/パラシューネット)
※無断での転載・使用を禁じます。


※全ページへリンクフリーです。好きなページへ自由にリンクしてください。
HOME靴のお手入れTOP通販表記お問合せリンクについてサイトマップ著作権
靴のパラダイスHPに掲載の文章・画像の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法により保護されています。
All Rights Resesrved,Copyright(C)PARASHOE NET Co., Ltd. since 2005