靴の手入れ(シューケア)方法 革靴の手入れ方法の説明。皮革のメンテナンスを写真付きで種類別に解説。
ヘッダー画像イメージマップ 靴のパラダイストップへ カートの中身を見る
HOME靴のお手入れTOP姉妹店メルマガ申込み通販表記お問合せFAQリンクについて会員様ログイン

サイト内検索


靴のお手入れカテゴリー
靴のお手入れ方法トップ
黒の革
茶色の革
しみになりやすい革
 ・履き込まれた革靴の手入れ
ポリッシュ(つや出し)
エナメル革
スエード・ヌバック革・ベロア
 ・クリーナーで汚れ落とし
 ・スエードカラーで補色
カンガルー革
コードバン(馬の尻革)
オーストリッチ(ダチョウ革)
オイルレザー
革底(レザーソール)
合成皮革(合皮)の靴
 ・履き込まれた合皮靴の手入れ
サドルソープで革靴を洗浄
靴の脱臭(乾燥、殺菌)
ポイントストレッチャーで革靴を伸ばす
シューストレッチャーで靴を伸ばす
靴クリームを塗る布の用意
靴の製法(一覧)
 ・グッドイヤーウェルト製造工程
 ・ハンドソーンウェルト製造工程
 ・グッドイヤーウェルト製法とマッケイ製法の見分け方
【お困り解消】
 ・糸のほつれをキレイに直す方法
 ・剥がれた敷革(インソール/中敷き)を貼り直す方法
よくある質問(お手入れについて)
 ・Q&A集

公式ソーシャル
■Facebook フォローする

■Twitter フォローする

■YouTube チャンネル登録


このページを共有する


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


SHOPメインカテゴリー
靴通販トップページ
メンズ(紳士靴)の通販
「PARA SHOE®」当店オリジナル紳士靴
ゴルフシューズの通販
レディース(婦人靴)の通販
靴の手入れ用品の通販
靴修理(ソール交換)受付

サブカテゴリー
靴用語 / オンライン靴用語辞典
紳士靴まるわかりガイド
店長紹介 / 靴の絵(デザイン)
リンク集 / 公式ブログ
Facebook / Twitter / YouTube / Google+ / mixi

姉妹店
・靴のパラダイス 楽天市場店
・靴のパラダイス ヤフー店
・靴のパラダイス ヤフオク!店

トップ > お手入れ方法 >
靴クリームを塗る布の用意
靴クリームや、クリーナー、またシューポリッシュなどを塗るときの布は、専用の布もいろいろ市販されていますが、いらなくなったTシャツや手ぬぐい(コットン100%)が一番おすすめです。素材が分厚くても塗りづらいですし、クリームがしみ込みすぎてクリームの無駄使いになってしまいます。タオルのような素材は使っていくうちに毛ば立ってきてしまい使いづらいです。Tシャツや手ぬぐいのような素材は厚みもちょうど良く、あまりしみ込まないので使い勝手 GOODです。特にシューポリッシュの際はつやが良く出ます。
【1】

いらなくなったTシャツ(コットン100%)を用意します。
【2】

ちょうど良い大きさにハサミで切っていきます。
【3】

あまり大きすぎても使いづらいです。四方30cmくらいがBESTです。
【4】

人さし指を布に当てます。厚手のTシャツならそのままで、薄手のTシャツなら二つ折りにして二重で使います。
【5】

指の腹を上にして、布を引っぱります。指の腹の部分でクリームを塗りますので、布を引っぱって腹の部分の布が平らになるようにします。
【6】

引っぱった状態のまま、矢印の方向へひねります。
【7】

ひねりながら、指の裏に回します。
【8】

そのまま手のひらにもってきます。
【9】

回してきた布を、他の指でしっかり握って完了です。人さし指の腹の部分の布が平らのまま固定されました。もし布がよれていたりしたらやり直します。
【10】

クリームやクリーナーをつける時は、革が傷つかないように、指の腹の部分のやわらかい部分につけて塗ります。指の先端で塗ると、爪で革を傷つてしまう恐れがあります。

▲このページのトップへ
(文・写真/パラシューネット)
※無断での転載・使用を禁じます。


※全ページへリンクフリーです。好きなページへ自由にリンクしてください。
HOME靴のお手入れTOP通販表記お問合せリンクについてサイトマップ著作権
靴のパラダイスHPに掲載の文章・画像の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法により保護されています。
All Rights Resesrved,Copyright(C)PARASHOE NET Co., Ltd. since 2005