靴の手入れ(シューケア)方法 革靴の手入れ方法の説明。皮革のメンテナンスを写真付きで種類別に解説。
ヘッダー画像イメージマップ 靴のパラダイストップへ カートの中身を見る
HOME靴のお手入れTOP姉妹店メルマガ申込み通販表記お問合せFAQリンクについて会員様ログイン

サイト内検索


靴のお手入れカテゴリー
靴のお手入れ方法トップ
黒の革
茶色の革
しみになりやすい革
 ・履き込まれた革靴の手入れ
ポリッシュ(つや出し)
エナメル革
スエード・ヌバック革・ベロア
 ・クリーナーで汚れ落とし
 ・スエードカラーで補色
カンガルー革
コードバン(馬の尻革)
オーストリッチ(ダチョウ革)
オイルレザー
革底(レザーソール)
合成皮革(合皮)の靴
 ・履き込まれた合皮靴の手入れ
サドルソープで革靴を洗浄
靴の脱臭(乾燥、殺菌)
ポイントストレッチャーで革靴を伸ばす
シューストレッチャーで靴を伸ばす
靴クリームを塗る布の用意
靴の製法(一覧)
 ・グッドイヤーウェルト製造工程
 ・ハンドソーンウェルト製造工程
 ・グッドイヤーウェルト製法とマッケイ製法の見分け方
【お困り解消】
 ・糸のほつれをキレイに直す方法
 ・剥がれた敷革(インソール/中敷き)を貼り直す方法
よくある質問(お手入れについて)
 ・Q&A集

公式ソーシャル
■Facebook フォローする

■Twitter フォローする

■YouTube チャンネル登録


このページを共有する


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


SHOPメインカテゴリー
靴通販トップページ
メンズ(紳士靴)の通販
「PARA SHOE®」当店オリジナル紳士靴
ゴルフシューズの通販
レディース(婦人靴)の通販
靴の手入れ用品の通販
靴修理(ソール交換)受付

サブカテゴリー
靴用語 / オンライン靴用語辞典
紳士靴まるわかりガイド
店長紹介 / 靴の絵(デザイン)
リンク集 / 公式ブログ
Facebook / Twitter / YouTube / Google+ / mixi

姉妹店
・靴のパラダイス 楽天市場店
・靴のパラダイス ヤフー店
・靴のパラダイス ヤフオク!店

トップ > お手入れ方法 >
カンガルー革の革靴のお手入れ方法
カンガルーの革は、牛革と比べ非常に柔らかくしなやかです。普段のお手入れは、ソフト革専用のデリケートクリームを使用し、より艶を出したり傷や色あせを防ぐために、通常の靴クリームも併用します。
黒のカンガルー革の革靴をお手入れします。用意するお手入れ用品は次の通りです。

1、シューキーパーまたは木製シューツリー
2、靴ブラシ
3、小さい靴ブラシ
4、靴クリームを塗る布
5、デリケートクリーム
6、靴クリーム

以上6点を用意します。
【1】

靴にシューツリーを入れて、型を整えるとともにシワを伸ばした状態にします。
【2】

靴ブラシでほこりをはらいます。革を痛めないようにあまり力をかけず、できるだけいっぽう方向を心掛けます。特に、ステッチ周りや履きしわ部分など、細かい部分に入りこんだほこりを念入りにかき出します。
【3】

小さい靴ブラシを使って、ソールと甲革のあいだに入ったホコリや汚れをかき出します。ここにたまったホコリに湿気がつくと、甲革のひび割れやカビの原因にもなりますので、念入りにブラッシングします。ここでもできるだけいっぽう方向を心掛けると、ホコリをよくかき出せます。
【4】

布に、デリケートクリームをにとります。ややたっぷりめに取るのがコツです。
【5】

デリケートクリームを塗っていきます。少し力をかけながら一気に靴全体に塗っていきます。汚れも落ち、革が潤ってつややかになっていきます。矢印のように円を描くように塗っていくと、均一にうまく塗れます。また、革が極端に乾燥しているところには、他の部分より少し多めのクリームを塗り込みます。特に、履きしわ周辺は乾燥しやすいので、念入りに塗り込みます。革が潤って、しわが伸びていきます。
【6】

布を平らにして、乾拭きします。ここでは、かるく拭き取る程度にしておきます。
【7】

靴クリーム(黒)を布にとります。通常は少量を数回にわけて塗っていくのですが、今回の靴は色がだいぶ薄くなっている為、けっこうたっぷりめにクリームをとります。
【8】

クリームを靴全体に塗っていきます。矢印のように、円を描くように塗ると、均一にうまく塗れます。部分的に色が薄くなっているところやひっかき傷がある部分には、多めのクリームを塗って補色します。
【9】

布のきれいな面を使って、乾拭きして艶を出します。乾拭きのコツは、できるだけ布の面を平らにして、最初はやや力をいれて余分なクリームを全体的に拭き取ったら、あとはあまり力をかけずに磨くことです。布が靴の表面に触る程度のところで、素早くスピーディーに布を滑らせながら磨いていくと、表面が平らになって美しい艶が出てきます。
【10】

最後に、ステッチ周りや履きしわ部分など、部分的にブラッシングをして細かい部分に入った靴クリームをかき出します。革を痛めないようにあまり力をかけず、できるだけいっぽう方向を心掛けます。
【11】

以上で完了です。次に履く時まで、シュートリーは入れたままにしておきます。お履きになる30分位前に、溌水スプレーをかけておくと、雨や油をはじき汚れがつきにくくなります。

※皮革の種類や仕上げ等によってお手入れ方法も異なります。一度目立たない箇所でお試しいただいてから行ってください。 公開している手順により発生した損失などの責任は、当店では一切負い兼ねますのでご了承ください。

▲このページのトップへ
(文・写真/パラシューネット)
※無断での転載・使用を禁じます。


※全ページへリンクフリーです。好きなページへ自由にリンクしてください。
HOME靴のお手入れTOP通販表記お問合せリンクについてサイトマップ著作権
靴のパラダイスHPに掲載の文章・画像の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法により保護されています。
All Rights Resesrved,Copyright(C)PARASHOE NET Co., Ltd. since 2005