靴の手入れ(シューケア)方法 革靴の手入れ方法の説明。皮革のメンテナンスを写真付きで種類別に解説。
ヘッダー画像イメージマップ 靴のパラダイストップへ カートの中身を見る
HOME靴のお手入れTOP姉妹店メルマガ申込み通販表記お問合せFAQリンクについて会員様ログイン

サイト内検索


靴のお手入れカテゴリー
靴のお手入れ方法トップ
黒の革
茶色の革
しみになりやすい革
 ・履き込まれた革靴の手入れ
ポリッシュ(つや出し)
エナメル革
スエード・ヌバック革・ベロア
 ・クリーナーで汚れ落とし
 ・スエードカラーで補色
カンガルー革
コードバン(馬の尻革)
オーストリッチ(ダチョウ革)
オイルレザー
革底(レザーソール)
合成皮革(合皮)の靴
 ・履き込まれた合皮靴の手入れ
サドルソープで革靴を洗浄
靴の脱臭(乾燥、殺菌)
ポイントストレッチャーで革靴を伸ばす
シューストレッチャーで靴を伸ばす
靴クリームを塗る布の用意
靴の製法(一覧)
 ・グッドイヤーウェルト製造工程
 ・ハンドソーンウェルト製造工程
 ・グッドイヤーウェルト製法とマッケイ製法の見分け方
【お困り解消】
 ・糸のほつれをキレイに直す方法
 ・剥がれた敷革(インソール/中敷き)を貼り直す方法
よくある質問(お手入れについて)
 ・Q&A集

公式ソーシャル
■Facebook フォローする

■Twitter フォローする

■YouTube チャンネル登録


このページを共有する


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


SHOPメインカテゴリー
靴通販トップページ
メンズ(紳士靴)の通販
「PARA SHOE®」当店オリジナル紳士靴
ゴルフシューズの通販
レディース(婦人靴)の通販
靴の手入れ用品の通販
靴修理(ソール交換)受付

サブカテゴリー
靴用語 / オンライン靴用語辞典
紳士靴まるわかりガイド
店長紹介 / 靴の絵(デザイン)
リンク集 / 公式ブログ
Facebook / Twitter / YouTube / Google+ / mixi

姉妹店
・靴のパラダイス 楽天市場店
・靴のパラダイス ヤフー店
・靴のパラダイス ヤフオク!店

トップ > お手入れ方法 > グッドイヤーウェルト式製法による靴の製造工程

グッドイヤーウェルト式製法による靴の製造工程

グッドイヤーウェルト式製法の断面図 グッドイヤーウェルト式製法とは
[goodyear welt process]


19世紀初めごろ、米国のチャールズ・グッドイヤー二世(親のチャールズ・グッドイヤーはアメリカの発明家。加硫ゴムを発明したことで、タイヤメーカー「GOODYEAR」の社名の由来となった。)が、それまで手縫いだった靴を機械化に成功したためこの名が付いた。靴の中底にアッパー(甲革)を吊り込み、ウェルト(細革)と呼ばれる棒状の細長い革を巻きつけながら縫い付け(すくい縫い)し、最後にウェルトとアウトソールを縫い付け(出し縫い)する製法。職人の技術が重要なことと多くの部品と手間がかかる分、たいへん丈夫で長持ちするしなやかな靴が出来上がります。
(文・イラスト/靴のパラダイス)

製造工程

(文・写真/靴のパラダイス、宮城興業)
【1】裁断
一枚の革から、無駄のでないよう丁寧にパーツを抜いていきます。 パーツに適した革の部位を、職人の目で確認しながら切り取っていきます。
甲革の裁断
甲革を金型で裁断
【2】パーツ革の検品
裁断してできたパーツを、手で伸ばし傷がないかチェックしていきます。靴は、甲革を靴型につり込む際、革をひっぱりますので、伸ばした状態で傷などあるかチェックします。
パーツ革の検品
【3】縁すき
パーツ同士縫い合わせる縫いしろ部分(縁部)を、幅を合わせ薄くすいていきます。縫い合わせ部が厚くならないようにするためです。
甲革縁すき
【4】縫製
パーツ同士を縫い合わせ、甲革(アッパー)を形成していきます。
縫製
【5】甲革(アッパー)検品
でき上がった甲革(アッパー)を検品・チェックしていきます。正しく縫われているか、ほつれはないか、革に傷はないかなど、念入りにチェックします。
甲革アッパー検品
【6】先芯、月型芯のり入れ
仮紐で結んだアッパーに、糊を使って、つま先の先芯と踵の月型芯を入れていきます。
先芯、月型芯のり入れ
【7】中底仮止め
靴型の底部に中底を仮止めしていきます。
中底仮止め
【8】アッパー(甲革)仮止め
中底を仮止めした中底に、アッパーをかぶせ、踵位置を合わせて仮止めしていきます。
アッパー・甲革仮止め
【9】つり込み
つま先を機械でつり込み、サイド(横)をラステイングピンサー(ワニ型ペンチ)と釘を使ってつり込んでいきます。最後に踵も機械でつり込みます。履き心地を左右する重要な工程。熟練の職人が行います。

<ラステイングピンサー(甲釣り)>
ラステイングピンサー・わに
つま先つり込み
甲革つり込み
【10】甲革(アッパー)検品
つり込み終わった甲革を検品します。傷や血筋などがないか念入りにチェックします。
甲革(アッパー)検品
【11】リブ止め
中底のリブ(縫いしろ)とアッパーを、針で止めていきます。
リブ止め
【12】すくい縫い
中底のリブ・アッパー・細革(ウエルト)の3つを、機械を使って縫い付けていきます。 縫い目は表に出ないもののグッドイヤーウェルト製法の根幹であり、この構造が、丈夫で安定感抜群の履き心地を生みだします。
すくい縫い
【13】中物、シャンク入れ
中物(クッション材)となるコルクと、シャンク(背骨の役割をはたす部材)を糊をつけて固定します。
中物(コルク)シャンク入れ
【14】出し縫い
細革(ウエルト)とソール(本底)を縫い上げます。コルクとシャンクをしっかりサンドします。外観にも大きく影響する工程です。
出し縫いし終わった本底には、ヒールを取り付けます。専用のプレス機を使う場合が多い。
出し縫い
【15】コバ削り
コバ(底のサンドエッジ)を高速回転する刃物で削り出します。定規はなく職人の勘がすべてです。張り出させてボリュームを出したり、削り込んで華奢に仕上げたり、技が光ります。
コバ削り
【16】コテ掛け
削り出した革に熱ゴテをあてて面を作り、インクを塗り磨きあげる。底面のオーナメントもまた、熱せられた様々なコテで飾られていきます。
コテ掛け
【17】仕上げ
工程中についた油や汚れを洗い落とし、クリームをつけて磨き上げます。この後、敷革を貼り、紐を通して出来上がり。最後に入念な検品・チェックを受けます。
仕上げ靴クリーム磨き
【完成】
以上の工程を経てようやく完成。
上記以外にも、合計約200の工程を経て完成するグッドイヤーウェルト製法の靴。まさに職人技の一足。

■当店が販売する、グッドイヤーウェルト式の靴
PARASHOE(パラシュー)当店オリジナル紳士靴
British Classic(ブリティッシュクラシック)紳士靴
完成したグッドイヤーウェルト式の靴
▲このページのトップへ
図・編集/靴のパラダイス
※無断での転載・使用を禁じます。


※全ページへリンクフリーです。好きなページへ自由にリンクしてください。
HOME靴のお手入れTOP通販表記お問合せリンクについてサイトマップ著作権
靴のパラダイスHPに掲載の文章・画像の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法により保護されています。
All Rights Resesrved,Copyright(C)PARASHOE NET Co., Ltd. since 2005